電子オルガンとピアノを習っていましたが。

どのジャンルの音楽を極めるかによって、ピアノと電子オルガン、どちらを習うか、選ぶようにしましょう。

電子オルガンとピアノを習っていましたが。

電子オルガンとピアノを習っていましたが。 私は電子オルガンを18年ほど習っていました。自分の技術を磨き上げるために、短時間ですが、ピアノも習うようにしました。電子オルガンの鍵盤に慣れていると、ピアノを弾く時の、鍵盤の重いタッチに違和感を感じ、指がうまく動かないことに苛立ってしまい、結局、ピアノを長く続けることはできませんでした。自分自身、ピアノと相性がよくなかったのかもしれません。

電子オルガンをする前に、ピアノを先に習っていた方が、鍵盤に対する指の抵抗が少なくなるように感じます。どういう風に音楽を楽しむのかにもよりますが、鍵盤楽器を極めようとするのであれば、まずはピアノから習っていくのが無難でしょう。純粋に音楽を楽しむのであれば、電子オルガンを習い、リズム感や音を楽しみながら、他の楽器をマスターしていく方向に繋げていくと、もしかしたら将来への展望が開けるかもしれません。

音楽を仕事にするのはとても難しいことです。ピアノでプロを目指し、世界に羽ばたきたい、という人は、徹底的にピアノを極めるべきでしょうし、音楽を作ったり、楽器を演奏したい、という風に考えている人は、電子オルガンを習うと、楽器に関する基礎的な知識は身につきやすいです。